株式会社ビジネス・ワン 製品情報ホームページ

ビジネスワンの社名
Home » 製品一覧 » 消防設備点検結果報告書作成ソフト消防くん

消防設備点検結果報告書作成システム 消防くんV4

消防くんⅤ4ロゴ

消防くんは官報で発表された消防点検・試験結果報告書を標準搭載した点検結果報告書作成システムです。

パソコン版のほか出先など社外のオフライン環境下でも利用できる
社外持ち出しキットやiPhoneやiPadといったiOSと連携した専用アプリなど幅広いオプションでより効率的な作業をお手伝いします。

お手軽にご導入いただける月額版は1ライセンス30物件登録~で月々3,300円(税込)にてご利用いただけます。

消防くんの特徴

搭載書式

消防くんV4は、消防庁から発表されている点検及び試験の報告書を
標準搭載しています。
また一覧表関連(消火器一覧など)の書式や概要表関連の書式、着工、設置などの
届出書関連の書式も標準で搭載されております。

上記書式以外にも防火対象物点検票などエリア性のある書式や、
社内にて利用している書式などがあれば消防くん上で作成し運用する事も可能です。

管理機能

画面は見やすくフォルダに整理することが可能です。
フォルダを開けばその中にある物件を一目で確認することができます。
また、消防くんに登録されている全物件を一覧表示し物件総数などを
表示することも可能です。

さらに、物件データをピンポイントに探し出す検索機能もございます。

点検者一覧表自動作成機能

消防設備点検結果報告書の各設備に入力した点検者情報から
点検者一覧表を自動作成します。

総括表自動作成機能

設備の判定欄と備考欄に入力した不良内容から総括表を自動で作成します。

更新機能

日付及び点検種別(機器・総合)の一括更新や法改正時に前回報告書の入力内容を
維持したまま最新の書式へ更新する書式更新機能を有しています。
詳しくは下記ボタンより動画での紹介も行っています。

消防くんⅤ4における消防設備点検票データのやり取り

協力業者間でのデータ送信

1物件の点検報告書データを1ファイルとして任意の場所に出力し協力業者へ
メールで送信することができます。
送信した報告書ファイルは受け取り側の消防くんデータベースに取り込んで
編集することが可能です

入力機能

消防くんV4は各種入力補助機能が充実!入力内容の複写や入力履歴の呼び出し
テンプレート登録など多彩な機能で報告書作成時の入力作業をより軽減します。
詳しくは下記ボタンより動画でもご紹介しています。

物件情報

物件に関する基本情報を入力することにより各設備の点検票に自動入力されます。
作成した点検報告書データ件数に制限はありませんので複数年にわたりデータを保存することが可能です。
また、スケジュール設定すると物件一覧でスケジュール管理することが可能です。

動作環境

対応OS(Server)  Windows Server2012、2016、2019
対応OS(client)  Windows8、10、11
CPU  OS推奨環境もしくは1GHz以上(32/64bitプロセッサ)
メモリ  OS推奨環境に準ずる(32bit:4GB 64bit:8GB以上を推奨)
ハードディスク  1GB以上の空き容量(データ領域・作業領域別)
CD-ROM  ドライブ インストール時に必要
ディスプレイ  OS推奨環境に準ずる(1024x768以上を推奨)
プリンタ  上記OSに対応するプリンタ
イメージスキャナ TWAIN対応(A4版以上)新規フォーム作成時に必要
ユーザーアカウント  管理者権限での運用が必須
イメージスキャナ TWAIN対応(A4版以上)新規フォーム作成時に必要
OSモード  本製品は、スタンバイモードおよび休止モードに非対応

データベース

利用サービス名PostgreSQL Database Server 9.1、10、12
利用ポート5432
必須コンポーネントMicrosofrt .NET Framework 3.5.1

導入費用

その他お問い合わせ