株式会社ビジネス・ワン 製品情報ホームページ

Home » 製品一覧 » 見積クリエイト製品紹介

汎用見積書作成システム 見積クリエイト

見積クリエイト画面
見積クリエイトロゴ
見積クリエイトはパソコンに不慣れな方でも見積書が作れる汎用性の高い見積もり作成システムです。
初めに単価率や原価率の設定を決めたら後は表示された画面に直接入力、もしくはマスタから部材を選択していくことで見積や請求書を作成することができます。
また見積書・請求書の書式はあらかじめ登録されている他独自に作成することも可能です。

見積クリエイトの特徴

見積、実行金額同時表示

入力画面は見積もり概要の表示の他、工事項目の内容を右側に表示するツリー式の表示も可能です。
また画面の下部には「見積金額」「実行金額」「粗利」が常に表示されており、それらの金額を常に確認しながら見積書や請求書の作成を行うことができます。

画像をクリックで拡大

見積クリエイト独自マスタ作成例

独自マスタ作成

見積クリエイトは独自のマスタを作成することができます。
自社製品やよく使う部材はあらかじめ登録しておけば一覧から選んですぐに入力することができます。
また、金額や名前は更新ボタンを押すことでマスタに反映させることができます。
積算見積もりソフトの電卓

電卓機能

「見積クリエイト」はExcelのような直接入力は勿論マウス操作を中心とした操作でお見積りを作ることも可能です。
単価数量など数字を入力する必要がある場所も右クリックすることで、マウスを使い入力する事ができる電卓を呼び出すことができます。

PDF、Excel出力機能

作成したお見積データはPDF、Excel形式にも変換することが可能です。
そのため、「見積クリエイト」をお持ちでないお客様にもメールでデータを送ることが可能!
さらにPDFは出力の際書き込みの規制や、パスワードを設定するように選ぶこともでき、データの機密性を保持することが出来ます。

オンライン認証の紹介

ライセンス形式と導入例

見積クリエイトはオンライン認証システムを新たに搭載しています。そのため、お客様がご利用中のすべてのパソコンに「見積クリエイト」をご導入いただけます。
同時に稼働できるのは、お客様ご購入のソフトライセンス数となります。
また「見積クリエイト」にてソフトのリビジョンUPがすべてインターネット上から行うことが可能です。

(リビジョン・バージョンUPデータの送付に関しては年間ソフト保守ご加入のお客様のみのサービスとなります)

積算見積もりシステムでonedriveを使う方法

たとえばこんな使い方

見積クリエイトはオンライン環境であればインストール台数は無制限のソフトです。そのため会社でソフトを使っていないときは自宅から、又は現場事務所からなど場所に縛られず業務を行う事が可能です。

さらにデータの保存先を好きな場所に変更することができるので、例えば共有先をOneDrive*などにしておけば社外からも見積を見たり作成することができます。
移動時間の節約やオフィスコストの削減だけでなく、感染症対策としてのテレワークにもご活用いただける機能です。

*Microsoft OneDriveとは、マイクロソフトが提供するオンラインストレージです。

動作環境

・Windows(8.1, 10,11)対応
・CPU1Ghz以上
・必要メモリ OS推奨以上
・HDD100MB以上の空き
・CDROMドライブ必須
・インターネット環境が必要
・ディスプレイ解像度1024×468
・Twain対応スキャナ
・Windows対応プリンタ
・1工事項目あたり999工事項目入力可能
・1工事項目あたり10,000部材入力可能
・労務歩掛1部材あたり5種類登録可能

導入費用